トラディスカント

《花の印象・特徴》
●黒味のある、深い赤紫の花色。開くにつれて、花色が濃くなる
●強いオールドローズ香

スポンサーリンク



《トラディスカント データ》
●品種名……トラディスカント(Tradescant)
●系統……ER
●作出国……イギリス
●作出者……デイヴィッド・オースチン
●作出年……1993年
●花色……黒味のある深い赤紫色
●香り……強いオールドローズ香
●耐病性……弱
●咲き方……ロゼット咲き 花径7~8cm
●花つき……多花
●花弁数……100枚
●樹高……1.5~1.8cm
●樹形……半蔓性
●花期……四季咲き
●交配……Proepero×Seedling

《その他情報》
●「トラディスカント」の名は、イギリスの有名プラントハンターの名前に因んでいるとのこと
●性質は、あまり強いとは言えず、株の状態が悪いと花付きが非常に悪くなります。肥料も多目が良く、気難しいバラと言えます。
●樹形が暴れる傾向があり、整えるのに苦労することが多いです
●ある時期から、急激に出回る数が減ったように感じます。
楽天市場の「トラディスカント 苗」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする