ザ・プリンス



花の印象・特徴

  • 黒味を感じるほど濃い赤紫色
  • 花弁が弱く、湿気も乾燥も苦手(外界からのストレス全般に弱い)
  • 花付きは、良いとは言えず、バラ中級者以上におすすめの花です
  • 黒点病に特に注意




ザ・プリンス データ

  • 品種名……ザ・プリンス(The Prince)
  • 系統……ER
  • 作出国……イギリス
  • 作出者……デイヴィッド・オースチン
  • 作出年……1993年
  • 花色……濃い赤紫色
  • 香り……強(オールドローズ香)
  • 咲き方……ディープカップ
  • 花つき……少なめ
  • 花弁数……100枚
  • 樹高……75cm
  • 樹形……直立
  • 花期……四季咲き
  • 交配……リリアンオースチンxザ・スクアイァ
  • 楽天市場の「ザ・プリンス 苗」

ザ・プリンス の切花

ザ・プリンスの切花は、ごく稀に市場に出ます。そのため、都内の高級店では、店頭で見かけることも無いではありません。しかし、出荷量としては僅かなものでして、町の花屋さんで、普通にバケツに入って売っている可能性はほぼありません。

どうしても、ザ・プリンスの切花が欲しい場合には、まずは花屋さんに注文してみましょう。即答で「入りません」と言われたら、別の店をあたり、何件かに聞いて見ましょう。より、高級そうな門構えの店の方が、買える確立は高くなります。

しかし、特別注文で入れよう、という話になりますので、単価が高くなるのはやむをえません。もしも、1本500円で買えたなら、「激安だ」と思うべきです。私の今までの感触では、800円くらいで出せたらいいな、といったところです。(←これより高くなる可能性も有ります!)
バラは、全般に花持ちが良いものではありませんが、ザ・プリンスは、その中でも命が短い方になります。買い物としては、「結構高くつく」ものと言うべきでしょう。

しかし、この花の姿は、なんとも高貴で、贅沢なオーラにあふれています。何か特別な思いいれがあるとか、ウエディング・ブーケにどうしても使うのが夢だとか、ご自分の中に理由がある場合は、探す努力をしてみても無駄ではないと思います。
楽天市場で探してみると……(あまり無いかもしれないけど)⇒楽天市場の「ザ・プリンス 切花」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする