アンブリッジ・ローズ

アンブリッジ・ローズ

アンブリッジ・ローズ

《花の印象・特徴》
●ミルラ香を含む強いフルーティ香(ミルラ香のために、香りの好き嫌いが分かれる)
●丈夫で育てやすい
●耐病性に優れる
●花持ちが良い

スポンサーリンク


《アンブリッジ・ローズ》
●品種名……アンブリッジ・ローズ(Ambridge Rose)
●系統……ER
●作出国……イギリス
●作出年……1990年
●作出者……デイビッド・オースチン
●花色……アプリコット
●香り……ミルラ香を含む強いフルーティ香
●咲き方……カップ⇒ロゼット 花径9cm
●樹高……1~1.3m
●樹形……半横張り
●花期……四季咲き
●交配……Charls Austin×Wife of Bathの実生
楽天市場の「アンブリッジ・ローズ 苗」

デビッド オースチン イングリッシュローズ アンブリッジ・ローズ
アンブリッジ・ローズ【イングリッシュローズ】

《〈アンブリッジ・ローズ〉の切花》
アンブリッジ・ローズは、まれに切花でも出回ります。しかし、町の花屋さんで気軽に買えるようなものではなく、入手するなら、実店舗の花屋さんに注文するか、ネットで探すか、どちらかです。(超高級店や、超個性派店だと、店頭に出ていることもあります)

実店舗に注文するなら、高級店か、個性派路線のお店か、特別注文に熱心に付きあってくれる店をさがして頼みましょう。値段は、500円で済めば安いほうだと思います。

現在では、ネットで探す方が、安くて確実かもしれません。いつでもあるとは限りませんが、アンブリッジ・ローズの花束は、下記のショップが一番安定して在庫をそろえているように思います。
はなどんやアソシエ

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする