グルスアンテプリッツ

グルスアンテプリッツ

《花の印象・特徴》
●強く甘いフルーツ香
●枝が細いために、うつむき加減で咲くことが多い

スポンサーリンク



グルスアンテプリッツ

《グルスアンテプリッツ》
●品種名……グルスアンテプリッツ(Gruss an Teqlitz)
●系統……チャイナ
●原産……ハンガリー
●作出年……1897年
●作出者……ルドルフ・ゲシュウインド
●花色……赤
●香り……強く甘いフルーツ香
●咲き方……カップ咲き 花径8cm
●花弁数……25~30枚
●樹形……直立性
●樹高……1~2m
●花期……四季咲き
●耐病性……強
●交配……((Sir Joseph Paxton×Fellemberg)×Papa Gontier)×Gloire des Rosomanes
●別名……日光、国色天香(クオステンシャン)

グルスアンテプリッツ
【バラ苗】 グルスアンテプリッツ【日光】 (Ch赤色) 国産苗 新苗

《その他情報》
●宮沢賢治の愛したバラとして知られています
楽天市場の「グルスアンテプリッツ 苗」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする