ルイ・フィリップ

ルイ・フィリップ

《花の印象・特徴》
●赤い花が開き、褪色が進むと赤紫色になる
●花付きよし

スポンサーリンク


《ルイ・フィリップ》
●品種名……ルイ・フィリップ(Louis Phillipe)
●系統……チャイナ
●作出国……フランス
●作出者……ゲラン
●作出年……1834年
●花色……赤→赤紫
●香り……微香
●咲き方……抱え咲き 花径5cm
●樹高……1~2cm
●樹形……横張り性
●花期……四季咲き
●花付き……多花
●トゲ……少

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする