シャルル・マルラン

シャルル・マルラン

《花の印象・特徴》
●ベルベットのような質感の花
●花持ちはよくない
●やや病虫害に弱い傾向あり。初心者向きとは言えない

スポンサーリンク


《シャルル・マルラン データ》
●品種名……シャルル・マルラン(Charles Mallerin)
●系統……HT
●作出国……フランス(France)
●作出者……フランシス・メイアン
●作出年……1951年
●花色……黒紅色
●香り……強(ダマスク香)
●耐病性……やや弱
●咲き方……剣弁高芯咲き 花径12cm
●花つき……中
●花弁数……30枚
●樹高……1.8m
●樹形……半直立性
●花期……四季咲き
●トゲ……多
●交配……(Rome Glory×Congo)×Tassin

スポンサーリンク



《その他情報》
●黒バラファンには、「シャルル・マルランこそ黒バラの最高品種」との声もあります。
●「シャルル・マルラン」とは、作出者F・メイアンが師事し、尊敬していたていたブリーダーの名前です。
●シャルル・マルランは、パパメイアンオクラホマミスター・リンカーンなど、数々の銘花の親品種です。
●人気品種ではありますが、以前より出回る数が少なくなっているように思います。
楽天市場の「シャルル・マルラン 苗」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする